市田柿

お知らせ | 市田柿ブランド推進協議会

お知らせ

市田柿加工衛生管理推進検討会を開催しました

2016.09.08 Thursday | 事業実施報告trackbacks(0)

9月1日に市田柿加工衛生管理推進検討会を開催し、本年産加工衛生管理の指針となる「市田柿衛生管理マニュアル」や「衛生管理チェックシート」の内容検討を行いました。

 

昨年から大きな変更点はありませんが、収穫時から果実を丁寧に扱うこと、加工段階で品質低下の要因となるポイント等追加し、平成28年度版として決定しました。

 

また、衛生管理マニュアル等の活用方針を再確認し、各構成機関・団体において市田柿生産に携わる全生産者に配布し衛生管理意識を高めること、加工施設の事前確認を徹底すること、などを確認しました。

 

このような取組により、より品質の良い「市田柿」を、消費者の皆様に安心して食べていただけるよう、産地が一丸となって努めていきます。

 

加工衛生管理推進検討会に引き続き、食品表示制度の研修会を行いました。

 

食品表示研修会

 

昨年の4月に施行された新たな食品表示制度への対応として、主な改正点や表示の仕方の説明を受けました。

今後も、適正な食品表示に努めてまいります。


 

この記事のトラックバックURL
トラックバック