市田柿

お知らせ | 市田柿ブランド推進協議会

お知らせ

第10回市田柿コンクールを開催しました

2015.12.28 Monday | 事業実施報告trackbacks(0)
12月22日に第10回市田柿コンクールを開催しました。

本年は、11月から12月にかけての乾燥期間中に降雨の日が多く、なかなか乾燥作業が進まず、干し柿の仕上がりが遅れる傾向となりました。

このため、出品点数は37点と少なく、とても残念でしたが、出品されたものはどれも品質が高く、見事な出来栄えでした。

審査は、南信農業試験場の牛山場長を審査長として、9名の審査員により行いました。

審査では、柿の乾燥状態、粉の具合、色上がり、シワの程度などの外観品質に加え、食味などを総合的に評価し、比較審査により順位が決定されました。

審査の結果、最優秀賞(長野県知事賞)に飯田市の松澤祐太郎さんのパック詰めが選ばれました。パックごとの揃いが良く、色上がりや粉の具合等の外観品質に優れていたほか、食味も良好でした。

第10回市田柿コンクール入賞者名簿(PDFファイル・103KB)



審査の様子(パック・トレー袋の部)


審査の様子(化粧箱の部)


最優秀賞(長野県知事賞) 松澤祐太郎さん(飯田市)

 
この記事のトラックバックURL
トラックバック