市田柿

お知らせ | 市田柿ブランド推進協議会

お知らせ

12月1日は「市田柿の日」です

2015.11.18 Wednesday | 協議会からのお知らせtrackbacks(0)
市田柿の皮むき作業はほぼ終盤となり、各農家には柿のれんが出来あがり、乾燥過程となっています。
早いものは11月下旬ごろから出荷が始まり、いよいよ「市田柿」のシーズンを迎えます。

そのシーズン開始を告げる活動として、高森町の「市田柿発祥の里活用推進協議会」と当協議会が連名で、12月1日を「市田柿の日」として制定し、PR活動を行っています。

12月1日には、東京都銀座の「銀座NAGANO」において『おいしさの再発見!プレミアムドライフルーツ「市田柿」』と題してイベントを開催します。

当日は銀座NAGANOに”柿のれん”が出現するほか、市田柿の簡単な加工体験(お土産つき)や、ワインソムリエおすすめの市田柿と乳製品(チーズ等)との食べ合わせを体験していただきます。事前予約制で、参加費1,000円となりますが、お近くの方はぜひご参加ください。

予約は、銀座NAGANOホームページの入力フォームに入力いただくか、下記事務局までご連絡ください。
https://www.ginza-nagano.jp/event/6013.html
市田柿ブランド推進協議会事務局
 ☎(0265)53-0414 (長野県下伊那地方事務所農政課内)


また高森町では、”市田柿発祥の地”として、子供たちの「市田柿」への理解を深めるため、12月1日の「市田柿の日」にちなんだ食育活動が行われます。

町内の小中学校の児童生徒の皆さんに「市田柿」にちなんだ給食メニューを提供するほか、「市田柿が生まれた物語」(絵本風冊子)が配布されます。
 
この記事のトラックバックURL
トラックバック