市田柿

お知らせ | 市田柿ブランド推進協議会

お知らせ

市田柿加工衛生管理推進検討会を開催しました

2015.09.03 Thursday | 事業実施報告trackbacks(0)
9月1日に市田柿加工衛生管理検討会を開催し、本年産の加工衛生管理の指針となる「市田柿衛生管理マニュアル」や「衛生管理チェックシート」の内容検討を行いました。

昨年に比べて大きな変更点はありませんが、異物混入対策や品質低下の要因となるポイントを追記するなど、ブランド力向上を一層意識した内容としました。

また、衛生管理マニュアルの活用方針を再確認し、各構成機関・団体において市田柿生産に携わる全生産者へ配布して衛生管理意識を高めること、加工施設の事前確認を徹底すること、などが確認されました。

衛生管理マニュアル等は9月末までには印刷を完了し、注文数に応じて各構成機関・団体へ配布します。

このような取り組みによって、より品質の高い「市田柿」を、消費者の皆様に安心して食べていただけるよう、産地が一丸となって努めてまいります。




加工衛生管理推進検討会に引き続き、食品表示制度の研修を行いました。

本年4月から施行された新たな食品表示制度への対応として、関係機関・団体における知識を高めるため、主な改正点や誤表示事例を確認しました。

市田柿ブランド推進協議会では、誤った表示によって消費者の皆様に誤解を与えることのないよう、適正な食品表示についても徹底してまいります。

この記事のトラックバックURL
トラックバック