市田柿

お知らせ | 市田柿ブランド推進協議会

お知らせ

7月16日現在の市田柿の肥大状況をお知らせします

2015.07.22 Wednesday | 生態調査・熟度調査trackbacks(0)

下伊那農業改良普及センターで行った、定点調査(飯田市座光寺)の結果です。

前回調査(7月1日現在)と同様に、平年に比べて果実肥大が進んでいます。


果実横径の肥大状況の推移(飯田市座光寺(標高420m))


果実横径の日肥大量の推移(飯田市座光寺(標高420m)

【生産者の皆様へ】
柿は耐干性が弱いため、土壌水分が不足すると果実肥大が抑制されます。
また、極度の乾燥に遭遇すると、その後の降雨により生理的落果が起こりやすくなりますので、
乾燥状態が続く場合はかん水を行うなど、夏期の水分管理に注意してください。
 
この記事のトラックバックURL
トラックバック