市田柿

お知らせ | 市田柿ブランド推進協議会

お知らせ

市田柿の熟度判定機を開発中!

2014.01.09 Thursday | 協議会からのお知らせtrackbacks(0)

12月21日に第8回市田柿コンクール展示会場において
「市田柿の熟度判定機」の実演展示がありました。

おいしい「市田柿」(干し柿)をつくるためには、原料となる柿(市田柿)も
一番おいしい(糖度が高い等)タイミングで収穫する必要があります。

柿の色と原料柿の成熟との関係は高く、現在、生産者はヘタまわりの着色を
確認して収穫を始めます。

ただ、色は人によって赤く見えたり、青く見えたりと判断が様々なので、
南信農業試験場と地元の機械メーカーが共同で、簡易な判定機を開発中です。

今回、その試作機がお披露目となりました。
今回のタイプは写真にあるような棒状のハンディタイプで、
計測はとても簡単にできます。

最終的には、形状も変わるようですが、低価格で提供できるよう
検討中とのことです。

試作機紹介チラシのダウンロード

熟度判定機
熟度判定試作機


熟度計測
熟度判定機による測定

この記事のトラックバックURL
トラックバック