市田柿

お知らせ | 市田柿ブランド推進協議会

お知らせ

市田柿出前教室(おやつ作り体験コース)を実施しました

2017.01.26 Thursday | 事業実施報告trackbacks(0)

地域の伝統食である「市田柿」を小学生の子供たちに親しんでもらうため、「市田柿」出前教室を高森町立高森南小学校4年生4クラス(4年生全員)を対象として開催しました。

 

1月24日と25日に、1日2クラスずつ開催しました。講師は、JAみなみ信州女性部、下伊那園芸農業協同組合婦人部、農村生活マイスターや農村女性ネットワークの皆さんにお願いし、「ほしがきのピッツア」と「市田かきなこ(市田柿のきなこまぶし)とココアまぶし」の2品作りました。

 

出前

 

「ほしがきのピッツア」は、ケチャップをぬった餃子の皮に、予め切った市田柿、ハム、ピーマンをのせ、その上にとろけるチーズをかけ、フライパンで焼いて作ります。

「市田かきなこ と ココアまぶし」は、きな粉とココアを小さじ1杯ずつ、別々のビニール袋に入れ、その中に適当に切った市田柿を入れて、ビニール袋を振り、まぶして作ります。

 


出前2

 

子供たちから、「市田柿の新しい食べ方を教わったので、家でも挑戦したい。」とか「干し柿は苦手だが、今回のようにすれば食べられる。」と言った感想が聞かれました。

また、高森南小学校の4年生は、学校で干し柿作りにも挑戦していて、今回の食材としても市田柿を提供してもらいました。

 

この体験により、市田柿のことをもっと好きになってもらえたのではと思います。そして、市田柿のことが、子供たちから身近な人へと広がっていってほしいです。

この記事のトラックバックURL
トラックバック