市田柿

お知らせ | 市田柿ブランド推進協議会

お知らせ

市田柿に見られる黒い斑点はタンニンです

2013.03.14 Thursday | 協議会からのお知らせtrackbacks(0)

お客様から「干し柿の表面や果肉の中に黒い斑点があるがカビではないか?」とのお問い合せをいただくことがあります。

これは、タンニンの固まりで柿の渋味成分です。また、タンニンはポリフェノールの一種、体内に取り入れると抗酸化作用等の効果があります。

実は「市田柿」は、なぜかこのタンニンが集まって黒い固まりをつくりやすい特性があります。
干し柿では、十分に脱渋(タンニンが水に溶けない形態になる)されているので、食べても渋味は感じません。また、食味に影響するものではありません。

「市田柿」を召し上がるとき、このような黒い斑点を見たらポリフェノールの固まりと思って、召し上がっていただけると幸いです。

 「市田柿」タンニン説明資料のダウンロード

この記事のトラックバックURL
トラックバック