市田柿

お知らせ | 市田柿ブランド推進協議会

お知らせ

令和元年10月30日現在の成熟状況についてお知らせします。

2019.10.30 Wednesday | 協議会からのお知らせtrackbacks(0)

 

令和元年10月30日現在の市田柿の成熟状況について、お知らせします。

 

市田柿の収穫は開始されていますが、樹幹内部と外周では熟度が極端に異なっています。

収穫は外周から行うようお願いします。

 

また、本年は糖度が低く、着色も十分でない果実が多い傾向です。

青い果実を収穫した際は、区分して1~2日追熟してから剥皮をお願いします。

 

成熟調査結果のダウンロードは こちら 

 

 

詳細は、南信州農業改良普及センターのホームページを参照願います。

https://www.pref.nagano.lg.jp/shimoina-aec/index.html

 

 

 

成熟調査は今回で終了となりますが、露店温度については今後も毎日更新していく予定です。

結果をご覧になりたい方は、こちらをクリック (ページ下部:市田柿加工時における気象PDF)

 

 

 

令和元年10月23日現在の市田柿の成熟調査をお知らせします。

2019.10.23 Wednesday | 協議会からのお知らせtrackbacks(0)

令和元年10月23日現在の市田柿の成熟調査結果をお知らせします。

 

成熟は、天候の影響によりあまり進んでいません。

硬度は、平年並みからやや遅い状況。

着色は、ほ場内部や樹幹内部は遅れ気味です。

 

今後の気象によっては、条紋の発生から果頂軟化が心配されます。

 

収穫時期は、ほぼ平年並みの見込みです。

 

ここ数年で、樹幹内外差が一番大きい年のため、収穫の際は、まず樹幹外周及び上部を行い、数日後に樹幹内部の熟度を見ながら数回に分けて行うとよいでしょう。

 

適切な収穫をお願いいたします。

 

 

 

成熟調査結果のダウンロードは こちら 

 

 

詳細は、南信州農業改良普及センターのホームページを参照願います。

https://www.pref.nagano.lg.jp/shimoina-aec/index.html

 

 

次回の調査は、10月30日の予定です。

 

令和元年10月16日現在の市田柿の成熟調査をお知らせします。

2019.10.17 Thursday | 協議会からのお知らせtrackbacks(0)

 

令和元年10月16日現在の市田柿の成熟調査結果をお知らせします。

 

成熟・硬度は、やや遅い状況です。

着色も遅れ気味です。

 

今後の気象によっては、条紋の発生から果頂軟化が心配されます。

 

収穫開始時期は、例年よりやや遅い見込みです。

 

 

降雨予想も出ていることから、今後の天候に注視し、収穫の準備をお願いします。

 

 

成熟調査結果のダウンロードは こちら

 

詳細は、南信州農業改良普及センターのホームページを参照願います。

( https://www.pref.nagano.lg.jp/shimoina-aec/index.html )

 

 

次回の調査は、10月23日の予定です。

 

令和元年10月9日現在の市田柿成熟状況をお知らせします。

2019.10.09 Wednesday | 協議会からのお知らせtrackbacks(0)

令和元年10月9日現在の市田柿の成熟状況をお知らせします。

 

ここ数日で果肉の硬度が柔らかくなりはじめた。

 

果肉の硬度・糖度は平年並みだが、着色はやや遅い傾向。

条紋の発生が始まったが、まだ少ない状況。

 

現在のところ収穫はじめは11月上旬とみられるが、今後の天候(台風等雨・温度)によっては変動もあるので気を付けてください。

 

 

成熟調査結果のダウンロードは こちら 

 

 

 

詳細は、南信州農業改良普及センターのホームページを参照願います。

( https://www.pref.nagano.lg.jp/minami-aec/johoteikyo/01jyukudo.html )

 

 

次回の調査は、10月16日です。

令和元年10月2日現在の市田柿成熟状況をお知らせします。

2019.10.02 Wednesday | 協議会からのお知らせtrackbacks(0)

令和元年10月2日現在の市田柿の成熟状況をお知らせします。

 

成熟調査結果のダウンロードは こちら

 

 

詳細は、南信州農業改良普及センターのホームページを参照願います。

( https://www.pref.nagano.lg.jp/minami-aec/johoteikyo/01jyukudo.html )

 

 

次回の調査は、10月9日です。

令和元年9月27日現在の市田柿成熟状況をお知らせします。

令和元年9月27日現在の市田柿の成熟状況をお知らせします。

 

現在、着色はやや遅いものの、成熟状況は平年並みとなっています。

 

 

 

 

成熟調査結果のダウンロードは こちら 

 

詳細は、南信州農業改良普及センターのホームページを参照願います。

( https://www.pref.nagano.lg.jp/minami-aec/johoteikyo/01jyukudo.html )

 

 

次回の調査は、10月2日です。

 

 

 

カイガラムシや円星落葉病の防除を徹底しましょう

市田柿生産農家の皆様へお知らせです。

6月は、市田柿の難防除病害虫である「フジコナカイガラムシ」と「円星落葉病」の重要な防除時期となります。

柿に寄生するカイガラムシは、防除が難しく果実汚染へとつながるため、地域ぐるみで防除を徹底し、品質のよい原料柿の生産につなげましょう。

円星落葉病の伝染源である¨子のう胞子¨は、5月末から7月上旬にかけて飛散します。この飛散時期に確実に防除を実施し、秋の病害発生を防ぎましょう。

詳しい防除時期や薬剤は、下記の資料をご確認ください。

市田柿重点防除チラシのダウンロード 令和元年  

 

飯田下伊那の特産「市田柿」の販売が始まりました。

2018.12.13 Thursday | 協議会からのお知らせtrackbacks(0)

飯田下伊那特産の干し柿「市田柿」の販売が始まりました。

今年は、10月下旬から収穫が始まり、皮むき・乾燥等の加工を経て、11月末から出荷となりました。

生産者団体によると、今年の「市田柿」は「大きさ質とも上々」とのことです。

「市田柿」は平成28年7月の農林水産省の地理的表示(GI)保護制度に登録され、品質基準を満たす商品にはGIマークが付されています。

皆様もGIマークの付された「市田柿」を安心してお召し上がりください。

「市田柿ブランド推進協議会」のホームページでは、市田柿の紹介や販売情報等を掲載していますので、「市田柿」を取り寄せたい方、さらに詳しくお知りになりたい方は、ご覧ください。

                                                                                                              

「市田柿の日」に合わせイベントを開催しました

2018.12.05 Wednesday | 事業実施報告trackbacks(0)

12月1日の「市田柿の日」に合わせ、銀座NAGANO(東京都中央区)でイベントを開催しました。

 

主なメニューは、干し柿の加工作業の一部を実際に体験していただくことや、市田柿のいろいろな食べ方を味わっていただくもので、一般消費者を対象に実施しました。

 

加工作業は、前期乾燥を終えた本物の市田柿を「柿のれん」からおろし、手で揉む作業を体験していただきました。

その後、市田柿そのものや料理の試食で、次のような品々を味わっていただきました。

 

1 市田柿

2 市田柿とユズのマリネ(提供:Groud cuisine川楽屋)

3 ナッツと市田柿のチーズテニーヌ(提供:Groud cuisine川楽屋)

4 市田柿とクリームチーズ

5 市田柿サンドinクリームチーズ(提供:JAみなみ信州)

6 市田柿ミルフィーユ(提供:株式会社マツザワ) 

7 市田柿の味噌漬け(提供:天竜産業株式会社)

8 ドライフルーツ柿(提供:天竜産業株式会社)

 

飲み物は、当地域内の山葡萄ワインや信州まし野ワインの赤ワインやスパークリングりんごジュースを用意し、市田柿との食べ合わせを楽しんでいただきました。

 

参加者からは「市田柿のバリエーションを楽しめました。ワインととても合う。」といった感想が聞かれました。

市田柿の魅力を感じていただけたPR活動になりました。

市田柿の出前教室(干し柿作りコース)を開催しました

2018.12.04 Tuesday | 事業実施報告trackbacks(0)

地域の食文化であり伝統食品である「市田柿」に親しみ、理解を深めていただくため、出前教室を開催しています。

出前教室は、「干し柿作りコース」と「おやつ作りコース」の2コースを体験メニューとして、管内の小学校を対象に実施しています。

 

干し柿作りコースは、高森町立高森北小学校、飯田市立龍江小学校、飯田市立竜丘小学校の3校から応募があり、合わせて88名余りの児童の皆さんを対象に出前教室を実施しました。

 

このコースは、市田柿の皮むきや吊るし作業を実際に体験し、出来上がった干し柿を味わっていただきます。

ピーラーで1人3個ずつ皮をむきますが、初めの1個目はぎこちない児童も、3個目には上手にむけるようになりました。

 

 

自分達が作った干し柿を食べ、市田柿のおいしさを実感していただくことにより、地域の伝統食である市田柿を大切に思う気持ちが芽生えてくれれば、うれしいです。